FC2ブログ

shore

ものつくりの生活と仕事から。 大島寛太の日記パート2

ポスト納品



今週はポストの納品へ出掛けてきました。

千葉県鎌ヶ谷市にオープンした高齢者専用賃貸住宅・銀木犀。7月にはダイニングアームチェアを納品しましたが、まだ実際に足を運んでいなかったので。まさか自分がこういった施設の家具をつくることになろうとは予想していなかった。

銀木犀は外観、エントランスに始まり屋内まで、非常に気の行き届いた落ち着きのある設計でした。写真を撮り忘れてしまったんだけど、植樹されたばかりの庭木が、建築に若々しさを添えている。玄関前の三和土風の土間に埋めてある大谷石の淡くかすんだ青緑が美しい。ポンポンポンと三本だけ。三和土は赤土にほんの少しセメントを混ぜたそうで、大谷石とのコントラストはパステルで描いたイメージスケッチのようにあたたかい。2枚引き違いの玄関ドアは、4辺を幅をもたせた無垢材の框で組んであって、大きなステンドグラスがはめこんである。ステンドグラスといっても色ものではなくて、品のある透明の型板ガラスのシンプルな格子になっている。ここまで見ただけで、この建築にこめてある想いがどんなものか伝わってくるというものです。




その玄関を入ったところの右側の壁に集合ポストを納品してきました。僕の考えた名前はパグ・ポスト。大きな頭に短い足。どことなくユーモラスな印象にしたかったのは、下河原さんからいただいた“歩き出しそうな脚にしてほしい”とのリクエストの僕なりの解釈でもあります。




主に使っているのは栗材。取手は先日も紹介しましたが真鍮製の自作です。








切って、穴をあけて、叩いて曲げて。角を鑢で整えて。手間はかかるけど楽しい時間でもある。




おばあちゃんが黙々と花の絵を描いている。大きな窓から入ってくる日射しが心地よい。いわゆる“施設”という概念の枠を背伸びをするように取り払って、入居される方が気持ちよく過ご
せる家をつくりたい。そういう下河原さんの気持ちをひしひしと感じながらのポストの制作でした。銀木犀の日々の暮らしのなかで、人と人との間にあってその役割をはたしていってくれることを願っています。ありがとうございました。


スポンサーサイト



  1. 2011/09/30(金) 23:35:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<銀木犀の椅子 | ホーム | 続・ポスト制作中>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/02/27(土) 16:37:44 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 教えてください

N様
コメントを頂き、どうもありがとうございます。
お返事が遅くなり大変失礼いたしました。

お問い合わせ頂いた件ですが、材種、細部、金物、設置方法などにより、お見積りは大きく異なります。

逆に言えば、ご予算から構造や仕様、仕上げを限定してゆくことも、ある程度は可能です。

引き続き関心がおありでしたら、もう少し具体的な内容について下記までご連絡を頂けるでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

大島 寛太
cantaohshima@gmail.com





  1. 2016/03/05(土) 13:33:48 |
  2. URL |
  3. 大島 #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2016/03/13(日) 06:23:35 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shoreshore.blog.fc2.com/tb.php/207-f433c0a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)