FC2ブログ

shore

ものつくりの生活と仕事から。 大島寛太の日記パート2

2016

20151225bobo.jpg  

2016年。
今年は、少なくとも和歌山県南部では気温があまり下がらず、暖かな元日となりました。
昨年末までは銀木犀に納品する椅子の製作。他にも2件の仕事があり、師走らしく仕事場と家の往復の日々。
10月からは、技能専の後輩で、ごく近所に住んでいるBOBOこと中山君が仕事を手伝いに来てくれて、2人で仕事をする素晴らしさを再確認。
セミドライに?結構雰囲気良く2人でやれていると思っているんだけど、中山君、どうですか・笑?
29日から保育所が休みになり、こうなるともはや仕事どころではない。





20160102moti.jpg

30日は妻の実家での恒例のお餅つき。
朝のうちは北風が吹いていて、臼も餅米もあっという間に冷めてしまう。
9時頃から風が止んできて、一枚また一枚と着ているものを脱ぎ、秋に初めてお会いした〈たまゆら堂〉さんの有機玄米を発芽玄米にしてお餅を搗く。この餅米は美味しいです。
6名の兄妹と従兄弟は朝から陽が傾くまで遊びまわる。夕方になり、鬼ごっこに参加した僕があまりに本気に鬼になったために、一湊と同い年の従兄弟を泣かせてしまい終了。


31日に年賀状の準備をしながら、なにかふさわしい文言をと考えながら、ふと年末年始の実感が湧いてくる。どっと。


一湊4歳。環子1歳10ヶ月。
子供が成長するにつれて、毎日がジェットコースターのように1周してゆきます。
日々の繰り返しのなかで、疾走感はあるのですが、何かを積み上げてゆく建設感は乏しい。
大きなプランのなかで、今日一日の割り当てを遂行し、パズルを1ピースずつ埋めてゆく、そういう感じがない。




20150503issou.jpg

それはそれで良いのだと、もちろん思うのです。
頭の中と心が別のことを考えているようでは、まさに〈いま〉を行きている子供たちとは全力で遊べない・笑。
〈今この場で〉わたしは黒ニンニンジャーになって、青ニンニンジャーと決闘しなければならない。
そういう場面の連続です。毎日、毎晩。そうでなければ面白くない。

しかしこう、平たく言えば将来展望が曖昧。
イメージはあるのですが、現実化してゆく過程が曖昧で、具体的に描けていない。
ここのところが今年の最大の抱負です。

2016年。
全てのわたしたちを生かしている、わたしたちである自然に感謝を捧げつつ、
皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

大島 寛太













スポンサーサイト



  1. 2016/01/02(土) 01:44:53|
  2. 日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0