FC2ブログ

shore

ものつくりの生活と仕事から。 大島寛太の日記パート2

shore

 
IMG_1808.jpg




shore


120年前のキツネのあしあとにあさひがのぼる

出かかったオシッコもちびりあがってしまうほどの風

顔に打ちつける砂

潮にまみれた海鳥の死骸と

うつ伏せに打ちあげられたままのブラウン管の死骸


そのうえを、セグロカモメが凧のように翔んでいる


帰り道を失くしたくないならば

波打際を歩かないようにしなさい

絶え間なく寄せては引く波が

お前を鳥にしてしまうから


・・・・・・・・・・・


昨年10月に北海道へ帰省した折、
海を散歩しながら風景から得た印象です。

思春期から23歳まで、何度歩いたかわからない場所。
すべてをさらけ出せる場所。
からっぽになる場所。
からっぽになってしまう場所。

流転の果ての美しさと腐敗に、平等に吹きつける風

人間の世界の気配は海岸の砂丘を越えるとふと薄れ、
誰も顧みない砂浜の漂着物はみな歳を取っていて、
潮に洗われ、波にもまれ、潮風に吹かれ、
転がり果てて砂浜に打ちあげられている。

“いま”の10年後なのか、20年後なのか、
僕が見ているのは100年後なのか、わからなくなる。

木片を手に取ってみる。
樹脂分はすっかり抜けて、小さく砕け、角は丸くなり、
指でつぶれてしまいそうなほどに風化したいのちのかけらは、こうして来たところへ還ってゆく。
くちゃくちゃにしおれて、脱水機から出てきたような海鳥の死骸を、風と砂が弔ってゆく。

タイヤやテレビの残骸、靴、人形、それら人の手の作り出した、
還る場所を持たないものを、風と砂が弔ってゆく。

それら眼の前にひろがる風景のなかにキツネの足跡がつづいている



IMG_1813.jpg  


shore

昨日の砂浜をあるく
前人未踏の砂浜
昨日までの思い出は
風と波がすべて洗い流してしまった

汚れなき砂浜をあるく
一頭のキツネの足跡がつづいている

汚れなきとはどういう意味ですか?
と、僕が尋ねる

それは野生である
と、風景がこたえる

打ちあげられた流木、ガラス瓶、ペットボトル、ブラウン管
ロープ、ライター、靴、保冷剤
ちぎれたクラゲ

それからもっと波打際に寄ったところには、
波のかたちに重なった
砕けた貝殻の白いレースかがりのような波紋


全てを受け容れなさいと、風景が言う


わからないのか?
言葉など何の意味もないのだと、風景が言う


朝日を浴びて、砂浜に無数の影がのびている


言葉は狐の足跡よりは
狐の足跡のなかに落ちる影に似ているのかもしれないと思う。


砂に突きささった枯れ枝から、
細くて長い影がのびている。










続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2015/02/10(火) 06:13:31|
  2. おもう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0