FC2ブログ

shore

ものつくりの生活と仕事から。 大島寛太の日記パート2

青空鉄工所



こちら昨日の投稿の続き。

新築邸に納品するまわり階段吹き抜け部の転落防止用の手摺。

溶接作業は青空天井なので晴れの日でないとできない。

普段、屋内で日陰でミクロン単位の仕事をしているので、こうしてお天道さんの真下で仕事をするのは気持ちがいい。ひと冬越してすっかり真っ白になったので日光浴も兼ねて、なるべく日向で、長靴を履いて、溶接で顔が焼けて、時々溶接面を被ったまま太陽を見上げて、おお、真ん丸。1億5千万kmの彼方にまします天照大神。あなたが照らしてくれているので私たちは生きています。太陽が10分そっぽを向いたら、僕たちはどうなるんだろうか?普段、生きているように思いがちな自分のいのちは、実は100%生かされているだけなのだ。99.9%ではなく、100%。僕はそう思う。







そのくせ普段は、自己実現とか自己表現とか、もっと格好良く生きたいとか、真面目に追い求めている。滑稽なことだ。そして、滑稽でいいじゃないか。正真正銘滑稽な一人芝居を最後の最後まで演じきる。それしかないじゃないか。と今は信じている。







こちら出番待ちの階段手摺り。
今回の仕事はキッチンカウンター以外、材料はなるべく栗で統一しています。

まだもう少し続くこの仕事。

家を新築するなんて、一生のうち何度もあることではないと思うから、能う限り良いものを納品したい。仕事をしていると他のことがぶっとんで、ただその一念になれる。それがものをつくる楽しさでしょうか。業を燃やして業を生むような、感じがします。

さあ、がんばろー。



スポンサーサイト



  1. 2012/05/19(土) 22:41:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

陽光一湊







ピカピカの5月。

一湊、10ヶ月歳半。

もうすぐ北海道の父が仕事を手伝いに来てくれます。

じいちゃん、待ってるでー。










  1. 2012/05/19(土) 00:11:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドア


台東区の新築邸に納める建具、調度類の仕事が大詰めです。

設計は佐竹勝郎建築設計事務所の佐竹勝郎さん。

まだ納品前なので、後日改めてアップしようと思いますが、ここのところ、この仕事にかかりきりで他に書く事もないので、断片的に。






エントランスのドア
材料はお施主のT様のリクエストで栗。
厚みが48mmで、高さが2000mm以上あるドア。
最近はドアクローザーとか錠金物の関係で、これくらい厚みがないと納まりがつかないんですね。ドアの両端にくる長い縦の部材を竪框(たてかまち)といいますが、そんなに長くて素性の良い栗材が手持ちでない。




買い出しに行ったのが4月の初め。材木店をハシゴし運良く適材を見つける事が出来た。

今回は建具3本とキッチンカウンター、手摺り、ポストなどの仕事を頂き、ひとりでは納期に間に合いそうになかったので、階段室と浴室の建具の制作は家具職の先輩・石田徹さんにお願いしました。トオルさんは僕よりちょうど一回り年上の酉年で、心から信頼している先輩のひとりです。仕事には職人としての一面と、作家としての一面があると思いますが、僕から見てトオルさんはそのバランスが理想的。自由に発想する作家性のたずなを職人としての自分がしっかり握っていて、軽はずみでない。




顔を出していいかわからないのでシルエットにて。





トオルさんにお願いした建具のうちの1本。栗の良さが全面に出た、且つ品の良い仕上がりです。ワンポイントの格子はウェンジ材、ガラスはモールガラスを入れています。







キッチンカウンター。ウォルナット材。






梱包に駆けつけてくれたスタッフY。育児休業中の妻です。任せておくときっちりやってくれる。心から信頼している先輩のひとりです。藍染めボーダーシャツはニワカヤマこと染屋澤口製。いいでしょ?






その頃もうひとりのスタッフIは仕事場2階で昼寝から覚めたところです・笑。










  1. 2012/05/17(木) 22:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木のベビースプーン

 

今年に入ってから身の回りでご出産のニュースが多く、お祝い用にベビさじをつくってみた。





オモテ


ウラ


素材は小さい方から順にメープル、山桜、ウォルナットで、大きさは丸いさじ先部分がそれぞれ13mm、16mm、19mm。離乳食を始める一番始めの白さじは、だいたい乳首と同じくらいの大きさがよいのでは。とは妻の意見。





さじだけ


くろさじ


小さいものですが、いざつくるとなると、かたちをどうしようかやはり考える。有機的なかたちがいいのかと迷ったりしながらも、今回は計量スプーンをモチーフにしています。塗装はオーガニックのクルミ(食塩不使用)を布で包んでつぶして摺り込んでいます。だから子供ががじがじ噛んでも大丈夫。

さじだけだと何とも有り難みがないので、結に何かフクロをつくってと依頼。フェルトの切れ端でちゃちゃっとつくってくれたフクロがすばらしい。わーかってます。フクロがいい・笑。





4色展開


巻く


留める




ベビさじ(有機くるみオイル塗装)

しろさじ:メープル      さじ先13㎜Φ 長さ13.5㎝ ¥1,200
あかさじ:山桜            さじ先16㎜Φ 長さ13.5㎝ ¥1,500
くろさじ:ウォルナット  さじ先19㎜Φ 長さ13.5㎝ ¥1,500

3本セット袋入り:¥5,000(袋は掲載写真とは異なる場合があります)      
  1. 2012/05/01(火) 01:07:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2