FC2ブログ

shore

ものつくりの生活と仕事から。 大島寛太の日記パート2

ズィーズ デイズ

 4月に入ってから、新築の住宅に納品する建具などの制作に没頭しています。

桜が咲いて、欅の新芽が出て、楠の新緑が眩しく、雨が降って、カエルが鳴いて、毎年美しい声を聞かせてくれるオオルリが、今年も啼きはじめた。

勢い良く地面から吹き出し始めた緑。ひたすらの緑。琵琶の新芽が出て、ワラビの葉が開き、褐色のコートから緑のトンガリ帽子をのぞかせたタケノコ。裏山のシイの木には白い花が一斉に咲き始め、そうしてもう5月になる。

早い。







エントランスドアの意匠図。






室内建具意匠図






キッチンカウンター意匠図







階段手摺~吹き抜け部転落防止柵意匠図 ボツ案





なかなか本を読む間もなく、仕事場と家の往復を繰り返していると、ボキャブラリの減退が甚だしく、先日は友人の勧めで村上春樹の“海辺のカフカ”をアマゾ
ンで注文してみた。いままで村上春樹の小説が面白いと思ったことがないというと、友人に“一体ハルキの何を読んだんだ?”と叱られました。一押しであると
いう事で、いちおう期待。



スポンサーサイト



  1. 2012/04/30(月) 23:31:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色んな作家のいろんなスツール展 @龍神村Gworks

 デザイン/柴田 歩美


『龍神村周辺で活動する作家がそれぞれ【スツール=背もたれのない椅子】をテーマに創り出した作品を展示します。

是非お越しください。』

G.works (10:00~17:00  水曜定休)
和歌山県 田辺市龍神村福井493
tel:0739-77-0785
http://www.gworks-web.com

以上ポスターより転載。4月末まで開催中!


僕も『糸巻きのスツール』で参加しています。

龍神村ではそろそろ桜が見頃を迎えるころでしょうし、山里のカフェ(茶房)・梅樹庵さんも今年の営業が始まりました。龍神村まで春のドライブ。いかがでしょうか。


梅樹庵
和歌山県 田辺市龍神村西281-1
tel 0739-78-2056
年間営業日:桜の咲く頃から金木犀の散る頃までの土日祝営業。10:00~17:00。不定休あり。お電話で確認すると確実です。

自家製ベーコン入りのクロックムッシュと、ベジバージョンのクロックメイグル、週代わりのスープ、季節のデザートなど、元フレンチシェフの店主のメニューはどれもが秀逸。フルコースで頼まないと、隣りの人のお皿を見て後悔します。他にもサラダ、ドリンクなど。心からお薦めしたいお店です。



  1. 2012/04/03(火) 23:16:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Toy Box 納品 @坂本助産院

 田辺の名物おばあちゃん。
日本現役最高齢の助産士、坂本先生。通称ふじやん。
昨年の妻の出産に際し、大変お世話になりました。

坂本先生の米寿のお祝いに、助産士の神谷先生はじめスタッフの方からのプレゼントということで待合室の家具を注文していただだきました。

子供が遊ぶおもちゃを収納し、記念写真のアルバムを仕舞い、お薦めの絵本をディスプレイする棚。いちおう玩具の収納がメインなので、トイ・ボックス。





坂本先生。ほんと元気です。
むちゃくちゃ元気なんじゃなくて、軽いんです。
今を生きている感じ。
余計なものを背負っていない。
軽やかなんです。

後ろのゾウさんは滑り台です。












トイ・ボックス
材料 :杉・山桜
塗装 :ナチュラルオイル
サイズ:W1250 × H1160 × D500 (mm)
           ワゴン: W385 × H380 × D460 ×3台
価格 :¥135,000

材料は杉をメインに、当たったり、手でつかんで傷みやすそうな部分には山桜を矧ぎ足して使っています。3台のワゴンはキャスターで転がせるようになっていて、散らかしたおもちゃを子供が自分で片付けるように、という狙い。ワゴンの角は万が一にもひどい怪我をしないように丹精込めて面取りしています。コケて頭をぶつけたらタンコブくらいはできるだろうけど。

書籍の収納部分は本に合わせて寸法を割り付けし、写真右側部分はディスプレイラックになっています。手前に引いて持ち上げると奥が棚。ちなみに上段に立ててあるのは坂本先生の著作『大丈夫やで』。下段はスタッフの神谷先生お薦めの絵本『だるまさん』シリーズ。

『だるまさん』シリーズも傑作ですが、『大丈夫やで』は素晴らしい本です。妊娠・出産・育児について書かれた本ですが、それすなわち生きることについて書かれた本です。いのちに対してどう向き合うか、ということ。小さないのちに対してどう向き合うかということは、つまり自分といういのちに対してどう向き合うかということでもあると思う。

頭で考えただけではなく、体に耳を傾けて綴られた言葉が、すっとこころに響きます。


今回はスツールの仕事と納期が重なり、制作にあたって家具職の先輩・樫本 弘さんに大変お世話になりました。樫本さん、ありがとうございました。
  1. 2012/04/03(火) 22:31:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大島 龍 作品展 @銀座ゆう画廊

 父・大島 龍の版画作品展が銀座のゆう画廊さんで開催中です。

スツールの納品でタイミング良く上京したので、久しぶりにじっくりと作品を見せて頂きました。






6F
一連の“青”のシリーズは父が旅したチベットで出会った空の青、太古の海の青です。
ヒマラヤ山脈はかつての海底が持ち上がった隆起山脈ですから、標高何千メートルの山の上に
、クジラの化石が眠っている。

遮るもののなにもない空の青を、太古の海底から見上げている。

時間の海の底に仰向けになって、はるかな水面を見上げているような感覚に、空と海の境界が分からなくなってしまう。わたしはどこから来てどこへ行くのか。その問いを青い深みが飲み込んで、こだま一つ返ってこない。こたえはなく、ただ変わらずに青い深みがあるだけだ。

ひとり作品と向き合い、そんな感覚を覚える。

版を重ねた重層的な青の奥行きは、僕の腕前では写真には撮れません。








6F反対のコーナー
額縁数点でぼくも陰ながら参加しています。

5Fではチベット・旅のスケッチを展示しています。

会期あと数日ですが、機会ありましたらどうぞお出掛け下さい。

お昼ゴハンはぜひ、階下、銀座菊正にて。


ゆう画廊
中央区 銀座 3-8-17 , 5-6F
tel 03-3561-1376
会期 2012 3/27~4/5

  1. 2012/04/02(月) 02:31:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

0時有楽町にて

先週は東京へスツールの納品に出掛けました。
27日の深夜に田辺を出発し、翌28日正午に銀座着。

“爐端”への納品は閉店後の23時半から。

深夜0時の有楽町。

酔いのまわった狭い路地を辿ってゆくと、店主の井上さんとお店のスタッフの方が既存のスツールを歩道へ運び出しているのが見える。

軽バンに積んできたスツール20脚を降ろし、古いスツールを引き取る。

それからお店に入り20分くらいお話しをする。短いからこその、密度の濃い時間。

近況報告などをしながらも、実は話の内容は二の次だったりする。

久しぶりにお会いし、共有する時間自体が嬉しい。






初めて撮った店主の写真。暗い路地で露光が長くて写真がにじんでいます。

でも、感じは出ています。ロバタには時代がある。

なんだか井上さん、すこしアインシュタインに似てきたような気がいたします・笑。

片付けを終えた後の寝顔の店内で、納品したスツールを撮る気にはならなかった。







アレン・ギンズバーグが来日したとき、彼が案内されたのはこのお店です。

有名どころでは大統領時代のシラクさんも来たそうです。

でもそんなこともどうでもよい。

時代に燻された店内の明かりのなか、壁にはモダンアートの絵画が並び、カウンターには一抱えもある大鉢に山盛りの料理が並ぶ。

気骨。という言葉をいまふと思い浮かべます。

ぼくにとってはかけがえのないお店です。

メニューには値段が書いてありませんので、行かれるときは予算を伝えてお任せで料理を出してもらうのが良いかと思います。


爐端
千代田区 有楽町 1-3-8
tel 03-3591-1905
日曜定休

  1. 2012/04/02(月) 01:07:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0