FC2ブログ

shore

ものつくりの生活と仕事から。 大島寛太の日記パート2

ポスト制作中

北海道から帰ってきてから、銀木犀に納品するポストを制作しています。53名分の集合ポスト。国産の栗材を面材に、内部の棚板や仕切り板は龍神村産の杉材を接ぎ合わせて併用します。面材というのは、見えかかりの部分に使う材料のことで、今回の仕事では正面の前板、側板、天板、および棚板や仕切り板の前側ということになります。




前板に使う材料。木目の並びを見ながら、納得がいくまで入れ替えて合い印を入れます。
栗材。仕上げは20mm。53の各ポストにシリンダー錠をつけるので、前板の厚みは大体決まってきます。





部材の木取り。
木は一度切ってしまうと元には戻らないのが、焼き物(土)と違うところです。切った後に悔いの残らないよう、木取りは慎重に行います。表面に現れる木目の変化によって、これ以上削ると節が出てきそうだとか、中を読みながら、読むように努めながら、求める寸法に近づけてゆきます。







矧ぎ(はぎ)合わせ。
上は天板。下は棚板。棚板は杉の5分板に栗の面材を矧いでいます(板の幅方向に材料を接いでいくことを矧ぐ“ハグ”、とか接ぎ合わせる“ハギアワセル”といいます。矧いだ板は矧ぎ板“ハギイタ”)。別々の材料を矧ぎ合わせて使うことは、見える部分だけ体裁を取り繕うということではなく、適材適所に材料を組み合わせるということです。例えばこのハギイタには、内部材に杉をつかうことで、重量を減らし、木の動きを押さえるという意味があります。





仕切り板を嵌める小穴の加工。一筋ずつ墨をつけ、定規の板をあてて電動工具で掘ってゆきます。仕切り板1枚につき、二筋の小穴が要るので合計110箇所の加工。ものつくりは90パーセントかそれ以上、こうした地味な作業の連続です。音楽を友に。

まだ先が長い・・・。
スポンサーサイト



  1. 2011/08/16(火) 19:32:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようこそ、一湊





7月8日にうまれました。大島一湊(いっそう)です。
よろしくお願いします。





一湊の風景


おおきな島の、ひとつのみなと。

そこには海があり、椰子の木が風に揺れ、水面に踊る朝陽がある。

舟はまだない。

舟は海原にさまようが、みなとはさまよわない。

旅するものを受け入れ、また送り出す、休息の場所。

あつまる場所。

あつまり、また散らばってゆく場所。

日光にかざした、一枚のルーペのような。


道のあつまる場所。

道の果てる場所。

あたらしい道のはじまる場所。

風が吹き、波が寄せる。舟はまだない。

これが、一湊のいまの風景。

舟をつくるのは、君の仕事だよ。




  1. 2011/08/15(月) 22:45:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

銀木犀の椅子

 


先月末に千葉県にオープンした銀木犀。
シルバーウッド下河原さんのビジネス以上のビジネス。ビジネスという自己表現。愛のある高齢者住宅を!ということだと、僕は受け取っています。“自分が入居したいと思えるような”
場所にしたいと仰っていたとおり、いわゆる施設的な感じはない。そもそも施設なんだから・・・というつもりがない。先人への感謝と、これからの時代への想いがつまった空間。僕的には、この水準が新しい基準だと思う。高齢者住宅が機能一辺倒の、病院のような空間では、生きる意味が変わってしまいはしないだろうか?下河原さんは、ここは施設ではなく家です。と言っている。そうだよね。そうでなくちゃ。

そんな家の食堂にはどんな椅子がふさわしいか。試作と使用試験を経て、4度目の試作にすこし手を加えたかたちで、先月14日に送り出した銀木犀のための椅子。勉強になりました。ひとつのおおきな発見は、椅子は人が座る道具だと思っていましたが、介護の現場で使われる椅子は、座る人と介助する人の間にある道具だということ。

今回、椅子は僕が担当し、テーブルは同じ田辺市で家具製作の仕事をされている樫本弘さんにお願いしました。6年前にここ和歌山に引っ越してきた当時からお世話になり、助けられている存在。今回もありがとうございました。

ヒノキのフローリングに合わせて、材料は明るい色目のアッシュを使用。椅子はナチュラルオイル仕上げで、フレームに張り地でくるんだ成形合板を乗せて真鍮ねじで固定しています。テーブルトップはウレタンオイル含浸。






納品後、嬉しいお便りも頂きました。
上のフォト2枚はSさんのブログから拝借。
忠道通信































  1. 2011/08/15(月) 09:11:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PC復活

 こんにちは。
久しぶりの更新になってしまいました。

充実の7月を過ごしながら、先月半ばにデジカメが故障。レンズエラーという症状です。これは以前北海道に帰省し、親父と山菜採りに出掛けたとき、親父から借りたズボンのポケットにデジカメを入れていて、そのポケットには親父が海へ散歩に出掛けたときに収穫した貝に付いていた砂がたっぷりと入っており、それ以来たびたび起こるようになったエラー・笑。まあ、仕事柄、作業場で写真を撮ると少なからず木紛をかぶるので、これからは大事に大事に使います。canonのIXYですが、個人的に写真を撮る分には十分な性能。今度買い替えるとしたら防水・防塵のカメラにしようと、それだけは決めています。

月末は親友・景井の結婚式に出席するため北海道へ。中学校からの付き合い。札幌パークホテルでの披露宴と、その後のパーティー。景井らしい、垣根なしの、フラットであたたかい一日やったね。ありがとう。素晴らしい仲間たちとの賑やかな一晩、楽しかったです。デジカメは修理中だったので、写真を撮れなかったのが残念。

さて、和歌山に戻ると今度はパソコンが故障。正常起動せず。何故?蟻が巣でもつくったか?6年前に中古で購入したDELLのPCですが、よく今まで頑張ってくれたといえば、頑張ってくれた方だろう。動かなくなる前に買い替えなければなあと思っていたんですが、やはりこういう順序になってしまった。以前から買い替えるならmacにしようと考えていたので、状況に背中を押されてimacを購入。う~ん、モニターが鮮明。そしてパソコン周りがすっきり!キーボード薄っ。操作にやっと少し慣れてきた。

それで、前のPCのメールアドレスデータも今のところ失くしたままです。
読んで下さった方、下記アドレスまでメール頂けると幸いです。
宜しくお願いします。

atelier.mothership@gmail.com






  1. 2011/08/14(日) 00:10:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0