FC2ブログ

shore

ものつくりの生活と仕事から。 大島寛太の日記パート2

テオシ

自分で仕事を始めてから1年になりますが、
仕事をしているとその都度、環境整備に手間がかかります。
昨日は前々からしなければいけないと思っていたテオシ(手押し鉋盤)の定盤の調整。




菊川の手押し鉋盤

ウチの機械は仕事場立ち上げのときに、殆ど一式を京都のワタナベ機械店さんから購入しました。なにせ在庫が豊富で現物を実際に見て選べることと、オヤッサンの博識ぶりと、若旦那の気合が魅力で。

菊川のテオシは昭和48年製で僕の8コ上。丑年。
モーターがフレームで密閉されていないのでモーター音がうるさい。昔の機械なのでドラムにストッパピンが付いていない(刃の交換に問題はなし)。それを除けばいまのところ欠点は見当たらない。




前後テーブルの微妙なねじれがあって、いままでダマシダマシ使っていたんですがとうとう重い腰を上げる。重い腰を上げる、というか、やらなきゃいけないことはたくさんあるので、優先度の高いものからかかって、やっと手押しまで来た。という感じ。
定盤調整用のストレートエッジ(直定規)は高価で手が届かないため、ほんの気持ち腹を空かせて削った平角を定規にする。こんなんでいけるかと思ったが、充分間に合いました。




画像ではわかりにくいかもしれませんが、この機械の最大の長所は定盤の調整のしやすさじゃないかと思います。前後テーブルにそれぞれ4箇所、計8箇所のくさび式高さ調整機構がついていて、画像の中央に見えている鉄棒をまわすことで鉄棒の端にきってあるネジ山に連動して、鋳物のくさびが寄ったり引いたり。ハハハ。口で言うても何のことだかさっぱり・笑。

とにかく、調整しやすいです。
参考まで。
スポンサーサイト



  1. 2011/05/30(月) 01:05:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“龍神村に集う手のしごと”展 に向けて

今年もやります。

“龍神村に集う手のしごと”展。

期日 2011年 6月22日(水)~7月5日(火)
場所 大丸心斎橋店 北館 11F和木蔵イベントスペース
                         12Fエスカレーター横特設会場
時間 10:00~20:00   会期中無休

昨年、和木蔵様からのご提案で実現した企画展の2回目です。
僕は諸事情から裏方で参加します。
裏方仕事のメインは、会場で流すビデオクリップの撮影と編集。

仕事を見て頂くということは、仕事の結果のみを見て頂くというのが本筋かもしれんません。
全ての過程が結果に現れますから。

仕事に通じた方に見て頂く場合はそうだと思います。
いくら“こんなふうにつくってます”といっても、ものが勝負。
泣いても笑ってもそれしかない。

けれどもモノの背景を知ると見えてくるものもあります。
今回の展示では、偶然通りがかった方にも足をとめて見て頂きたいし、興味を持って下さった方には興味を掘り下げても頂きたいし、正直に言ってしまえば知って頂きたいということもある。

僕個人として、今回出展する皆さんの仕事ぶりを拝見したい。という気持ちがあり、きっとそう思うのは僕だけじゃないだろう。

いや何といってもごまかせはしない。
僕が撮りたかっただけかもしれない・笑。

先日は梅雨入り前の晴間を見て一回目の撮影行脚に出掛けました。
編集作業はこれからですが、勇み足で少し紹介。
今回は日高川町方面をぐるっと。






藍染 澤口隼人(ニワカヤマ工場)







染織 友渕定代







やきもん 石田佳織








木工 中納秀樹(HARAPPA)



この一日の撮影中、何回川を渡ったことか。
和歌山は木の国とおもっていたけれど、木の国であるのと同時に水の国であることを実感。
水があって木が育つ。木があるから水が湧く。
ものごとはすべからくバランスの上に成り立っているものですね。

撮影ポリシーは“つくることに時間が必要なように、知ることにも時間が必要です”です。



  1. 2011/05/29(日) 23:59:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小満



小満日暮れ。
昨日5月21日は24節気の小満。
陽気が高調して、万物がほぼ満ち足りてくる。
72候は蚕起食桑。
かいこおこってくわをくらう。
カイコが成長してクワの葉を食べ始める頃。とのこと。
歳時記カレンダーより。

歳時記カレンダー、おつかれさん。
昨年の小満から72候ごとの更新を心掛けてきて、晴れて一年ひとめぐり。
暦ごとの更新はこれで終わりにししよう。

来年の小満まで、道具や材料のことを含めて、仕事がらみの記事を中心に書いてゆきたいなと思っています。







先日、作業台を作るためにバイスを注文した。
国内製造の木工バイスは非常に数が少なく、昔から指物師があて台に向かって胡坐をかいて仕事をしてきたように、日本の職人の道具はシンプルだ。何かモノを持っていることを自慢するより、持っていないことを自慢するようなそういう美意識がこの国にはあったのじゃないだろうか。僕は今でもあるのじゃないかと思う。

とはいえ仕事をする際には、伝統技法でも舶来道具でも良いものは良い。材料を保持して両手が自由になるベンチバイスは一度使うと手放せなくなる便利道具で、国内では見つからなかったのでLeeValleyのサイトにてメリケンバイスを注文した。

バイスは届いたものの、ワークベンチ(作業台)をつくるのはまた時間があるときに。

紹介したいのはバイスではなく、その梱包紙。おそらく長い巻物になっているらしく、手でびりびりと破いたなりに使っている。さすが大雑把。ハサミを使えよ。ところが梱包紙には60cm間隔くらいに画像のような印字がある。

フムフム、なるほど、とにかく紙を大事に使いましょうとかいてある。
こんな一言があるだけで、随分と紙に対する意識が変わるような気がする。
こんな小さい一言の積み重ねが、少しずつ社会の認識を変えてゆくのかもしれない。
要は、その一言を誰が言うかで、しかし苦手なんだよね、わたしはこんなに考えて、こんなにしてます!って言うの。きっと、この国では、苦手な人、多いやろ。
誰かではではない、私が言う。
と、そういうでしゃばり根性を、見習いたい。

  1. 2011/05/22(日) 22:08:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

竹カン生

 今日5月16日は72候の竹カン生。
ちっかんしょうず。
タケノコが生える頃。とのこと。

何竹でしょうか?
ハチク?
暦の中心地が日本のどこであるのか知りませんが(京都だろうか)、ここ和歌山とでは幾分のズレがある。こうして暦を追っていて気付くのは、そうか、暦は自分で感じて自分でつくるものなんだ。

この時分、当地和歌山、田辺市、長野、わたしの身の回りで季節を知らせているのは蜜柑の花。暦はさしずめ橘乃香というところかなあ。

 蜜柑の花  


最近は家と仕事場をなるべく歩いて往復するようにしていて、蜜柑の花のほかにも、定家葛(テイカカズラ)、マルバウツギなど白い花がたくさん咲いている。梅雨前のこの時期を、結は白い花の季節と呼んでいる。



定家葛



  1. 2011/05/16(月) 00:26:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュウイン出

 今日、5月11日は72候のキュウイン出。
きゅういんいずる。“キュウ”は虫偏に丘、“イン”は虫偏に引。
ミミズが地上に現れ始める頃。

台風の影響か雨が降り続き、我が家のあたりは雲のなか。
こんな日はニャゴも洗濯カゴのなかで自分のシッポと遊ぶしかない。






  1. 2011/05/11(水) 22:47:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立夏

 今日5月6日は24節気の立夏。
72候は蛙始鳴。
暦では、今日から夏です。

GWは家のまわりの草刈りをしたり、
材料の整理をしたり、
注文いただいている家具のデザインを考えたり、
本宮の友人宅へ出掛けたり、
小さい半径で週明けからの仕事に向けて充電の時間を過ごしています。


  1. 2011/05/06(金) 22:45:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牡丹華

4月晦日は72候の牡丹華。ぼたんはなさく。でした。
ボタンの花が咲き始める頃、とのこと。

5月に入り、G.W.に突入。
龍神村のジーワークスではG.W.恒例の“ねんいち展”がはじまりました。
“ねんいち展”では毎年ひとつのテーマがあり、近隣の各作家・職工たちがそのテーマに応えるかたちで作品を出展するのですが、今年のテーマは

「I Love You.
 I Love You Too」

僕は生まれてはじめてオブジェをつくった。










鳥と空

そのふところに飛びこむが鳥は空に辿りつくことがなく

空は、ついに鳥をつかまえることがない


主体は木で、緑青を吹かせた銅板を貼り付けています。撮影時の光の具合で写真では緑青の色が随分ちがっていますが、実物は一番下のものに近いです。

ちくたくと動きます。
お暇があれば画像をクリックしてみてください(youtubeにリンク)。



29日に納品で龍神へ出掛けた日は、久しぶりに茶房・梅樹庵にてランチ。
クロックメイグルは山菜入り。
スープの美味しさは言わずもがな。
極めつけのデザート(日替わりか週替わり)はレアチーズケーキのベリーソースがけ・イチゴのシャーベット添え。・・・梅樹庵ではこの3点セットを頼まなければ損です。お腹を空かせて出掛けましょう。

梅樹庵のゴールデンウィークの営業日は・・・

4月29・30日と
5月1・3・4・5・7・8日とのことでした。

この連休は是非龍神村へお出かけあそばせ。


  1. 2011/05/02(月) 00:08:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2