FC2ブログ

shore

ものつくりの生活と仕事から。 大島寛太の日記パート2

自己紹介

大島 寛太
1981年  北海道生まれ

22歳の時、和歌山県在住の陶芸家の方のところに1年間居候させていただき、
工芸というものの作り方に深い共感を覚えました。

その後、一直線ではありませんでしたが、飛騨高山の木工技能専に入学。

卒業後、これまた一直線でありませんでしたが、和歌山県龍神村の家具工房に3年間お世話になり、
2010年春より和歌山県田辺市長野地区にて旧町内会館を借り受け、独立して仕事をはじめました。

木材を主な素材とし、注文家具から匙まで、
つまり人の暮らしに必要なものというカテゴリを、現在のところ制作の対象としています。

良い仕事ってなんなのかということを考えながら、
ずっとこの仕事を続けてゆきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

工房 和歌山県 田辺市長野39-2
電話 090-サンハチキュウハチ-3513
mail    atelier.mothership@gmail.com      




self.jpg
撮影/こうのさちこ



スポンサーサイト



  1. 2012/08/06(月) 00:38:20|
  2. 自己紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0